【うつ病ラボ】本当の自分を取り戻す☆活かす

本当の自分を取り戻し、自分を活かす方法

『本当の自分を取り戻し、活かす』個人セッションのお申込みからの流れ

こんにちは😊スピリチュアルケアセラピストのサティです!

前回『心理カウンセリングカウンって本当に効果があるの?』という記事で

 

“カウンセリングは心の整理整頓・断捨離をして、問題解決の糸口を見つけるもの”

 

と、私の過去の経験なども交えてお伝えしました。今回は実際私のカウンセリングなどの個人セッションにお申込みされてからの流れなどをもう少し具体的に書いていきたいと思います。

 

 

 

カウンセリングは心のメンテナンス

日本ではまだまだカウンセリングの敷居が高いイメージがあります。日本では“カウンセリング=心の病を治すもの、正常ではない時に受けるもの”という風に、マイナスの部分をカウンセリングによってゼロの地点まで戻しましょう、という観念があります。それがアメリカではまるでマッサージやエステなどのボディケアと同じくらいカウンセリングが身近にあって“心が疲れたからカウンセリングでリフレッシュしてくる!”というイメージらしいのです。

 

エステや整体に行くと、セラピストさんが普段自分では気づいていない悪い習慣を指摘してくれることがありますよね。歩き方や姿勢、睡眠や食事のことなど指摘されてはじめて自分の不調の原因を客観的に知ることができます。

 

同じようにカウンセリングでも、自分の思い癖や無意識の中に居座っている欲求不満に気づくことによって、毎日の生活の質を向上させることができます。単に“マイナスからゼロ”の状態に戻るだけでなく、カウンセリングによって自分を向上させる働きも、カウンセリングには見込めます。

 

 

カウンセリングを受ける流れ

まずHP内お申込みフォームよりお申込みください。

f:id:yamihimehelp:20180223201317p:plain

私から入力いただいたメールアドレスにご連絡いたします。そこで、詳しいご相談内容を教えて下さい。ニーズに合ったメニューをご提案します。

 

個人セッション実施場所は横浜市青葉区になりますので、遠方の場合は、WEB鑑定やSkypeなどを使ったセッションも可能です。また女性限定で、ご自宅への出張も行っております。(この記事の最後にURL載せますね😉)

 

日時を相談して決めましょう。原則予約可能日時は平日10時~16時までなのですが、土日や朝、夜間ご希望の場合は一応ご相談ください。

 

ご相談くださった内容は、守秘義務があり、お聞きした内容を外に漏らすことはないので安心してお話ししてください。

 

 

相談者が“ただ話すことの意味”と効果

セッションの始めは、課題に沿って相談者さんにお話ししていただき、私は丁寧にお話しに耳を傾けます。

 

「ただ話を聞いてもらうだけで、なんの意味があるの?」

 

と思われますが、人に話すということにはとても強い自浄作用があります。自分の心の中の断捨離・整理整頓することで、自分自身で課題に立ち向かい、解決の糸口を見つけ出すことができるのです。また不快な感情は吐き出すことで軽減させることができ、感情に伴う思考や行動も変えていくことができます。

 

たとえば、大事な人に裏切られた経験がある人は、二度と裏切られたくないという気持ちから、人の言動を悪い方向に受け取ってしまいがちです。そして二度と傷つかないように行動し始めます。(嫉妬深くなる、何度も相手の行動を確かめる、関係をわざと壊そうする…など)

そのように

過去に受けた傷→感情に作用→思考に作用→行動に作用

という風に悪循環が始まってしまいます。その悪循環を断ち切るためにも人に話すことで得られる自浄効果は大変有効なのです。

 

 その後、ご相談内容によって、占術、透視、掘り下げ、ヒーリングなどを行っていきます。ほとんど座った状態でセッションを受けていただきますが、ヒーリングだけは寝ていただきます。

 

 

 

セッションの回数

心理カウンセリングやヒーリングは、始めなるべく短期間に数回受けると効果の感じ方が早いです。せっかくカウンセリングによって心身が良い状態に向かってもあまり間が開きすぎてしまうと、また元の状態に戻ってしまってもったいないからです。ある程度回数が進めたら、頻度を下げていけます。

 

 

初めは気楽にお問合せをしていただけたら、と思います。お問合せを頂いた時点では個人セッションを無理強いすることはありません。私との相性も確かめる必要がありますし、ご本人にとってセッションを受けるベストなタイミングを選んでほしいと思います。