【うつ病ラボ】本当の自分の取り戻す☆活かす

本当の自分を取り戻し、自分を活かす方法

【本当の自分を取り戻して人生を180度変えた方法】➁自分自身と人生を客観的に認識する

前回からの続き
 
 
本当の自分を取り戻して180℃変えて幸せになる方法。
たった一度で人生を変えることはできません。
いくつかのステップを確実にこなしていくことで、必ず人生を変えることができます。
そのステップは

①幸せになりたいと心から願い、イメージを明確にする
➁自分自身と人生を客観的に認識する
③過去の棚卸をする
④自分自身を浄化する
 
今回は➁の
【自分自身と人生を客観的に認識する】
について書きたいと思います。

今日も書き込むためのノートや日記帳を用意してくださいね(^_-)-☆ 
 

f:id:yamihimehelp:20170715140734j:plain

 

 
私たちの中には“思い癖”というものがあります。
この思い癖とは、育った家族の人間関係の影響をとても受けます。日常的に親から言われていたことや、家族関係は自分の中で“当たり前”になっていますから、それがどのくらい今の自分の言動に影響があるか、自分ではわからないことがあります。 
 
いつも心に傷を受け続けて育つと、自分の身を守るために不健全な人間関係を築こうとします。またいつも自分がまた傷つけられないか警戒していますから、物事を悪くとら捉えがちです。
 
 

父と母の関係がすべての男女関係だと思い込んでいた

 たとえば我が家の場合は両親が不仲で、いつも母は酒乱の父に暴力を振られていて、それでも耐えて父に尽くすような典型的な共依存の関係でした。

私には

・男性とは女性を苦しめる存在

・女性は男性に尽くすべき

・結婚=幸せではない

という固定観念がありました。

 

そのため、私の男性を見方はゆがんでいたし、対等な男女関係も築けずにいました。だから結婚に対して良いイメージが全くありませんでした。いつも母が父の悪口を言っていたので、男性不信もあったと思います。

 

表面では

“心から信頼できる男性と、安心して暮らせる家庭を築きたい”

と思っているのに潜在意識(無意識)には

“信頼できる男なんていない。幸せな結婚なんてこの世にはない”

という観念があるのです。

なんだかブレーキを必死に踏みながらアクセルを踏んで進まない~(´;ω;`)って感じだったのです。

 

過去の私のように、自分では当たり前だと思っていた観念が、実は単に自分の思い込みだった…ということがかなりあります。

 

その思い込みが自分の言動に影響を与えてしまうのです。

 

 

 

 

自分自身を空の上から眺めてみる

自分の癖、考え方の歪み、長所短所など

自分では意外とわかっていません。

 

友達や後輩の悩みを聞いてあげる時は、冷静にアドバイスや答えを出してあげられるのに、自分の事になると中々解決策が見えない…

 

漫画やドラマの主人公が苦労している姿を見て、もどかしくなったり…

 

人の事ならわかるのに(+_+)ってことありますよね。

 

自分自身のことも主観的に見るのではなく、自分の外側から客観的に見つめる習慣を持つようにしましょう。イメージを使って、自分を客観的に眺める練習をしましょう。

 

一人安全に、静かに過ごせる場所で横になるか椅子に腰かけます。

 

ゆっくり呼吸をして気持ちを落ち着けてください。

 

今の自分を雲の上から眺めてみてください。

 

幸せそう?楽しそう?

 

もし幸せそうに、楽しそうに見えなかったら、なぜ幸せではないのか?楽しくないのか?質問をしてみましょう。

 

もし自分みたいな人があなたの元に相談に来たとしたら、あなたはどんな言葉をかけてあげますか? 

 

始めはうまくイメージできないかもしれませんが、行っているうちに必ず上手になるので、諦めずに練習してくださいね。

 

自分の中に、幸せを妨げている思い癖がないかな??

 

☑自分なんて幸せになれない

☑自分なんて素敵な異性から愛されるわけない

☑自分なんて、がんばらなきゃ誰からも必要とされない

☑お金や贈り物を与えるのは得意だけど貰うのはすごく苦手

 

そんな思い癖ありませんか?

 

まずは悪い思い癖が自分の中にあること、そのことだけでも認識できればかなり前進です!!!\(^o^)/

 

では次の記事でその悪い思い癖が一体いつから、どこで身についてしまったのか一緒に考えていきましょう(^_-)-☆