うつ病ラボ~本当の自分を取り戻す☆活かす方法~

本当の自分を取り戻す☆活かす方法

妹の命の灯が消えた日⑭

かけがえのない妹の存在を失ってから私は

必死に自分を変えようと努めた。

 

娘を一人で出産した後すぐに働き始めた。

良いと聞いた病院にはすぐに行ってみた。

カウンセリングや様々なセラピーを受け、沢山の本を読み

自身のうつ病パニック障害、強迫観念などの精神疾患を克服しようとした。

 

けれど、産後の体力で働きながら自分を変えることは思っていた以上にエネルギーがいった。一進一退で、自分では中々前進しているように思えなかった。

 

自暴自棄になることもあった。リストカットしたくなったりオーバードーズしたくなったり…一人で心の病みを克服するのは本当に難しくて心が折れた。

 

そんな私をいつも励ましてくれたのは妹と娘の存在だった。

二人の存在が私を正しい道に引き戻してくれた。

 

赤ん坊の娘が寝た後に泣いて、

「こんなお母さんでごめん」

と謝ることもあった。

 

そんなできそこないの母親だった私も、一生懸命働いて、治療に専念し、娘を慈しむことで、無我夢中で走り続けていく中で精神疾患は消えていった。

 

私を変えてくれたのは妹と娘だったと思う。

 

でも今でも私は二人に対してに罪悪感があるし

それは一生消えないものだと思う。

 

でもその罪悪感が今の私の向上心の源になっているのだと思う。

 

 

私は妹にとって最低のお姉ちゃんだったと思う。

だけど、妹が亡くなって10年が過ぎた今も

妹は私のそばで応援してくれているような温かな空気を感じることがある。