読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病み姫セルフヘルプ【うつ病ラボ】

女性が自分でうつ病やパニック障害、依存症を克服するためのブログ。プロフィールも見てくださいね♪

うつを予防し心を強くする食事の基本

“食”は、人間の心身に大きな影響を及ぼします。 

 

摂取障害だった私と妹は太りたくない一心で、誤ったダイエット方法をしていました。

 

「体重を増やしたくない、だったら食べなければいい、食べたら吐けばいい」

 

そう思って極力食べないようにしました。
私は大好きなチョコレートだけを三食食べていました。妹は満腹感が得られるようにダイエットコーラを水分補給と食事代わりに摂っていました。

 

私たちの心の病は、この食の乱れから始まったと言っても過言ではありません。

 

 

そんな私は妊娠・出産をきっかけに、自分の食事を改めることにしました。

 

当時は単純に
「チョコレートだけじゃ子供に悪影響だろうな」


と思い、出産前後の身体に良いものを本やネットで調べて摂取するようになりました。産後は良い母乳を赤ちゃんに与えたかったので、母乳育児の本を沢山読みました。離乳食も沢山本を買い込んで勉強し、仕事をしながらもほぼ全て手作りしました。


まともに料理をしたことのなかった私が、子供のためには必死でやりました。そんな風に勉強しているうちに、今までの私の食生活がどのくらい自分の心身に悪影響を及ぼしていたかに気付くことができました。


例えばチョコレートだけの生活を送っていた私は、ビタミン類とミネラルが不足していたことに気づきました。ビタミンとミネラルが欠乏すると、人間の行動に悪い影響を及ぼします。


またビタミンの不足はうつ、不眠症、気分の動揺、無関心、無感動、神経過敏、興奮しやすい、記憶障害などを引き起こします。またミネラルが欠乏すると多動、うつ、混乱、情緒不安定、疲労を引き起こします。


また私が過剰摂取していた糖分も実は心身に悪影響を及ぼします。
糖分は体内で分解される時にビタミンBを浪費します。ただでさえ足りないビタミンが糖分によって更に使われてしまいます。


また糖分はカルシウムの吸収を阻害します。これもまたただでさえ不足しているミネラルが 糖分によって身体から流れていきます。それから砂糖は血糖値を急激に上昇させて私たちの身体を低血糖状態にします。その低血糖状態が繰り返されると人格変化、記憶障害、精神病様症状なども引き起こします。


 これらの症状はまさに偏った食生活を送っていた私と妹の状態です。

 

食生活の改善無くして、向精神薬を飲んだところで、心の病は治るでしょうか?


先ずは正しい食の知識を身につけて、食習慣を変えるだけで心の状態はかなり改善するはずです。 今は食事が楽に簡単に、手軽に摂れるようになりましたが、その弊害は必ずあります。キレる子供や集中力がなく落ち着かない子供達…お砂糖たっぷりのお菓子やジュースを過剰摂取して いないでしょうか。今は調味料にもたっぷり砂糖が入っています。

 


とても簡単な心を元気にする食事があります。それは“まごわやさしいこ”の食材を取り入れること。


ま=豆類、ご=ごま、わ=わかめ(海藻類)、 や=野菜、さ=魚(魚介類)、し=しいたけ(キノコ類)、 い=いも類、こ=米


先ずは気張らずにご飯に納豆、あとは全ての具材を味噌汁にしてしまう。ごはんは炊飯器に任せれば良いですし、納豆はスーパーで手軽に購入できます。味噌汁だけは自分のために毎日作ってください。

 

毎日ファーストフードばかり、お菓子ばかりではなく
自分の体のためにたった一つでも毎日行動をすると、一年後大きな成果が見えるはずですよ。