読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病み姫セルフヘルプ【うつ病ラボ】

女性が自分でうつ病やパニック障害、依存症を克服するためのブログ

うつを根本的に治すためのはじめの一歩

うつ病ラボ うつを克服する

うつを手放すために必要なことの一つは“自立すること”です。

 

とても厳しい言葉かもしれませんが、

うつ病が中々治らない人の多くは自立していません。


ここで言う“自立”とは単に親元を離れて自活する、誰にも頼らずに生きていくことではありません。自分の人生を自分の意思で選択し、責任を自分で持って生きていくことです。

 

うつ病と“依存”はとても関係が深いものです。

依存心が強い人はうつ病になりやすい傾向があります。

 

なぜかというと

自分の言動の基準が自分の中になく、他人からの評価や愛して貰えるか、見捨てられないか、というところにあるからです。


そのため、行動の基準も人任せになってしまいます。

 

仕事も恋愛も人間関係も

“見捨てられたくない”“嫌われたくない”

という観念で選択するので、自分本来の姿ややりたいことを見失わせてしまいます。

 

また自分の選択で行動をしていないので、うまくいかない時には被害者意識を強く持ってしまいますし、責任逃れができてしまいます。

 

“やめたいけどやめられない”

ということのほとんどは自分自身の選択で止めることや改善ができます。

 

今の生活環境も、恋人も、配偶者も、仕事も全て自分が選択した結果です。誰のせいでもありません。今のこの日本においてはいつでも自分の選択で状況を改善していくことができます。

 

社会で生きていく上で人に助けてもらうことは絶対に必要です。

お互い様です。

 

なので、自分自身が心からうつ病を治す決意をして、その療養のためにサポートを受けることは悪いことではないと私は思っています


うつ病も誰かが治してくれるものではありません。

病院の先生も家族も友達も、あなたのサポートはできるけれど、最終的に治す決意をし心の闇を手放し、行動を続けていくのは自分自身なのです。


まずは自分がうつを治す決心をして、できることから生活環境を改善し、頼れる先生を探し、無理なことは素直に人にお願いをしていくことが大切です。

 

さあ、これから自分の生きる力を取り戻し、自分で人生を選択し、歩んでいきましょう。もし私がお役に立てることがあったら嬉しいです。